カスタムカーを所有するには、新車や中古を問わず不具合とも向き合っていく覚悟が必要です。

カスタムカーを買う時の注意点

 

カスタムカーは一から作ると高額ですが、すでにカスタム済みの中古車を購入すれば、お手軽にカスタムカーを所有する事ができます。

 

カスタムカー購入の注意点

しかし、カスタムカーを通常のノーマル車を購入するよりも不具合リスクが高いです。

 

ほとんどの中古車販売店は、社外パーツが原因の不具合については保証の対象外にしています。

 

カスタムカーを買う時の注意点についてまとめました。

 

 

カスタムカーが故障の多い理由

部品に問題がある場合と、施工に問題がある場合の2種類があります。

 

まずはカスタムされている部品が一流ブランドから海外製品やノーブランド、3流ブランドなどメーカーや生産国を確認するとよいでしょう。

 

一流メーカーの部品を技術力が高い施工業者が取り付けた場合、カスタム箇所にもよりますが純正に近い信頼性があります。

 

ほかにもディーラーで取り付けたオプションなども中古車では評価が高い装備になります。

 

しかし、メーカーや施工業者が不明の時は、当初から不具合が出るかもしれないという事を認識して購入を検討しましょう

 

たとえば社外のHIDキットが付いていたら、海外製ですぐに故障する可能性があるかもしれないと考えておくとよいでしょう。

 

カスタムカーを所有するには、新車や中古を問わず不具合とも向き合っていく覚悟が必要です。

 

 

フレームの加工がないか確認する

一部のド派手なカスタムでは、フレームを一部切断するなど、特殊な加工をしているケースがあります

 

こうしたカスタムカーはボディー剛性に問題があり、曲がる、止まるなどの走りに問題がある事もあり売却時も事故車扱いになって売りにくいデメリットがあります。

 

見た目がコテコテなカスタムカーや、走り屋系のスポーツカーなどは特に注意が必要です。

 

 

新品パーツが付いているカスタムカーは要注意

一部の中古車業者では、新品パーツをつけてカスタムカーを製作したり、パーツとのセット販売をしているケースもあります。

 

一見お得な価格設定に見えても、実は使っているパーツのほとんどが海外製のコピーパーツ(OEM品)の場合があります

 

結果的に同じパーツを自分で買って付けた方が大幅に安くなる事もありますし、安物を多様していると、当然不具合が出る確率も高くなります

 

 

カスタムカーは事故車が多い

大規模なカスタムは、事故を起こして修理するときに同時に行う方が多いです。

 

通常の板金修理をきっかけにオールペンやカスタムペイントをしたり、保険修理の一部でカスタムをしてしまう方などもいます。

 

中古のカスタムカーを買う時はボンネットのビスやピラー、エンドパネルなど事故修復歴が残りやすいポイントを入念にチェックしましょう。