加速性能などパワーにゆとりがあると、運転のストレスが軽減され、快適なドライブを実現させます。

パワーUPや運動性能UP

車のパワーアップや運動性能向上させるカスタムは、ワンランク上の車に乗っているような快適なドライビングを実現させ、燃費向上やエンジンの保護につながるものもあり、本格的なカスタムだけではなく、お手軽なカスタム方法と幅広いです。

 

代表的なカスタム例は、マフラー交換です。
排気音のカスタムだけではなく、排気効率をよくすることで車のパワーアップにつながります。

 

マフラー

 

うるさい車が嫌な方は静音スポーツマフラーもあり、時には豪快なエンジン音を奏でたい人は、インナーセンサー(バッフル)等の取り外しで排気音量を調節できるものもあります。

 

マフラーのような排気だけではなく、吸気系をカスタムするのも有効で、最近人気なのが
ラムエアーインテークです。ターボやスーパーチャージャーのような過給器ではなく、ダクトの効率化で吸気効率を良くします。

 

吸気から排気までの効率をよくすることで、より車のパワーアップをはかることも可能です。

 

こういった、おおがかりなカスタムだけではなくて、添加剤の使用や、エンジンオイルを変えるだけでもエンジンのレスポンスは実感できるほど向上してパワーアップ・運動性能を実現させるものもあります。

 

特に高性能エンジンオイルは、効果が絶大で燃費が向上するものもあります。

 

著者のオススメは量販店ではあまり置いてありませんが広島高潤オイル(通称ヒロコオイル)がおすすめです。

 

今の車にもう少しパワーが欲しいと思う人は是非お試ししてみてください。

 

他にも、電気効率をよくして負荷を軽減させるアーシングだったり、ボディー補強で車の歪みを解消して運動エネルギーのロスをおさえるもの(ストラットバーやロールバー等)のボディー剛性向上もコーナリングだけでなく、加速時などのパワーアップにつながるケースもあり、バッテリーを小型化したり、余計な荷物をおろして軽量化を図るのも立派な運動性能アップカスタムです。

 

このように車のパワーアップや運動性能アップはとても奥が深いのです。

 

車を飛ばして運転する人でなくても、加速性能などパワーにゆとりがあると運転のストレスが軽減されます。

 

ボディーカラーやグラフィックカスタムについて