アイラインフィルムはワンポイントで大きな印象を与えられるお手軽カスタムです。

セルフカーカスタム

カスタムは業者に依頼すると高い工賃を取られます。
ここでは、自分でもできるお手軽のカーカスタムを特集しています。
整備スキルが無い方でもできる簡単な作業を集めましたので、是非参考にしてみてください。

 

 

・アイラインフィルム

 

ヘッドライトの下をオレンジや青にラインを入れるカラーフィルムです。
ワンポイントで大きな印象を与えられるお手軽カスタムです。
すでにアイライン用に細くカットされた汎用品が安く売っています。
あとは自分で貼り付けて、長さに応じてカットするだけです。
ガラスのスモークフィルムなどは取り付けにテクニックが必要で素人がやると気泡が入って見栄えが悪くなる失敗事例が多数あります。
アイラインフィルム程度であれば、面積が少ないので素人でも綺麗に取り付けられます。

 

 

・電球交換

 

一番のオススメは純正HID搭載車のバルブ交換やスモール球交換です。
ハロゲンのスモールをLEDにしたり、ヘッドライトのケルビン数を変更すると一気に車の雰囲気が変わります。
車種によって電球交換の難易度が変わります。
簡単な車種では、工具を何も使わずフロントまわりの電球を交換できるケースもよくあります。
まずはネット等で車種別の電球交換方法を調べてみましょう。

 

 

・ドアモール

 

エクステリアカスタムのワンポイントにもなり、ドアを開けた時にぶつかってエッジが傷つくリスクを緩和できるメリットがあります。
取り付け方法は簡単で、モールをオートバックスなどで購入したら、あとは両面テープをはがして、ドアエッジに挟んでいくだけです。
長さはハサミでカットして調整しましょう。
純正オプションだと数千円~数万円で売っている事もありますが、DIYであれば数百円~2千円程度でモール取り付けが可能です。
シルバーのメッキモールが定番で、見た目のワンポイントとして存在感を発揮します。

 

 

・シートカバー

 

シートカバーを取り付けるだけでも立派なカスタムです。
色を変えたり、本革調のシートカバーを取り付けると、車内全体の雰囲気が変わります。
取り付けは車種専用のシートカバーと買ってきて、取り付けるだけです。
綺麗につけられるタイプは寸法ギリギリのサイズになっているので、多少は苦戦するかもしれませんが、時間をかければ誰でも綺麗に取り付けられます。
シートカバーをつけておくと、シミができないので売る時の査定も有利になるメリットがあります。